A-Brazilian-drug-gang-m

精力剤は現代において昔よりもはるかに一般的になってきました。その背景には「充実した性生活を送るために精力剤を使う」という男性の増加があるようです。しかし、やはりそんな精力剤で気になるものの一つが副作用ですよね。

精力剤が一般的になってきた理由の一つであるネット通販によって手軽に入手できるようになったこと。これは個人でも簡単に精力剤が入手できると同時に、安全性についてのトラブルは増加傾向にあります。

精力剤という性質上か、こういったトラブルに巻き込まれた場合なき寝入りする事例も多く、やはりまずはそういった問題に巻き込まれないために、初めからしっかりとした精力剤を選ぶというのが一番です。

そこで、今回は精力剤副作用危険性についてのお話です。

 

【PR】発売以来大人気で売り切れ続出!副作用がないと評判の超金龍

 

副作用は「危険」という意味ではない

kid_with_9mm

精力剤に限らず様々な治療薬やサプリメントなどでも見かける「副作用」というワード。なんとなく危険なイメージを持っている人が多いと思いますが、そもそも副作用とは一体なんなのでしょうか?

ずばり簡単に言うと、『副作用とは薬の主とされる効能以外に現れる効果』を表す言葉です。

例えば、風邪薬の主となる効能は風邪の症状を抑えることですが、それと同時に眠くなったりしますよね?この眠気は風邪薬の主とする効果ではないので副作用ということになります。

 

医薬品とサプリメントで異なる精力剤の副作用

A-Brazilian-drug-gang

では、気になる精力剤の副作用とはどういったものがあるのでしょうか?
それにはまず精力剤の主となる効果を知る必要があります。

精力剤とは性機能増強のための薬や食品など全般を意味します。そして医薬品サプリメントでは若干異なり、その違いが以下になります。

 

■医薬品としての精力剤
病気の治療に用いられるもので、薬局や処方によって入手します。科学的に作られた物質が含まれ、即効性のある体に強い作用を及ぼします。この作用により病気を強い力で治癒しますが、同時に副作用も引き起こします。
(例:PDE-5の酵素活性を阻害する結果、陰茎のNO作動性神経に作用して血管拡張・血流量増加する)
 
■サプリメント(健康食品)としての精力剤
薬局や処方によって入手するもの以外の、市販で売られているものなどです。医薬成分や科学的に作られた物質は含まれず、自然成分を抽出・精製して作られたりしています。医学的な扱いでは明確な作用がないので副作用もないことになります。
(例:アルギニンや亜鉛が多く含まれるすっぽんは、古くから古人の性生活を支えていた)

 

精力剤選びに重要なのはリサーチ

main

上記を見ても分かるとおり、定義上ではサプリメントとしての精力剤には副作用はないということになります。副作用があると認められるのは、主となる効能が定められているバイアグラレビトラシアリスなどの医薬品などに限られてくるわけです。

しかし、古くから自然の精力剤として親しまれてきたすっぽんやニンニクなどでも精力剤としての効果はありますし、「副作用がない」と謳っている精力剤が安全かと言うと必ずしもそうではありません。

そこで精力剤選びに重要となってくるのは副作用の有無ではなく、その商品自体が安全であるかどうかなんですね。

商品の安全性を確かめるには薬自体を確かめるのが一番ですが、個人ではなかなかそうもいきません。そこで一番手軽かつ、実用的な選び方としては口コミなどを参考にする事です。

大勢の人が使っていて、尚且つ安全に使用できているとなれば、その商品は比較的安全だと言えます。

もちろん口コミが全てではありませんが、この世の中に数多く溢れている精力剤の中から選ぶには十分な判断材料となるものです。あとはそういった情報の中でもうわべだけの広告などに踊らされずにしっかりリサーチしていくことが必要なのです。

 

また、精力剤使用の初心者向けに精力剤の失敗しない5つの選び方というページもあるのでご覧下さい。

close
媚薬