img24

今回ご紹介する温湿布(おんしっぷ)法は男性器の硬さを増すための方法で、血液増量系の基本です。

男性器の硬さは重要なのか?答えは重要です。

セックスは摩擦によって快楽を得ていると言っても過言じゃないでしょう。つまり硬いほうが気持ちいいわけです。

また、『精子量が増えれば射精時の快感が増す』についてはこちらをご覧下さい。

 

温湿布法とはどういったものなのか?

photo2_506

温湿布法は暖めたタオルなどの布(温湿布)を男性器に巻きつけることで、男性器の硬さが増すというものです。では、なぜ暖かい布を巻きつけると男性器が硬くなるのでしょうか?それは男性器内の血流が良くなるからです。

これも整体やエステを例にすると分かりやすいのですが、お灸やスチームがよく使われますよね。これらは血流促進の為に行われる処置で、整体は肩こりなどの解消、エステは美容のために使われているのです。

人の体と言うのはおもしろいもので、一定時間、特定の部分の血流が良くなるとその後も継続してその部分の血流が良くなります。それは血管が一度太くなると、それに便乗してその後も血流が増えたままで毛細血管などもそれに応じて増えるからだそうです。整体やエステではこれを利用して治療などに用いているのですね。

そして、その理論を男性器に応用するわけです。一度温湿布法で男性器の血流を良くすると、その後も継続して血流は良くなります。そのため勃起時には以前よりも多くの血が流れ込み、結果男性器が硬くなるわけです。

 

温湿布法を実践してみよう

A1_I1

では、実際に温湿布法のやり方をご説明しましょう。
場所はお風呂場がベストです!

用意するもの

  • 男性器を覆えるくらいのタオル。(ふわふわな素材のものが熱を保持しやすい)
  • お湯(60度くらい※やけどはしないように)

タオルをお湯につけ、充分に温まったらタオルを絞ります。

そしてタオルを男性器に巻きつけます。なるべくムラがないようにすっぽりとタオルで覆います。あとはそのタオルが「暖かい」と感じなくなるまで放置してください。タオルが冷めてきてしまったらしまったら暖めなおして取り替えてください。

このとき特に勃起する必要はなく男性器は普通の状態で大丈夫です。
何度かタオルを取替え十分に男性器が暖められたと感じたら終わりです。

 

簡単すぎると思いますか?

しかし先ほども説明したとおり理論はこれだけです!
暖めた男性器は血行がよくなり血がよく通るようになります。
勃起とは男性器に血が集まって起こる現象の為、これによりペニスが太く硬くなることでしょう。

ぜひお試し下さい。

ただやはり、この方法にも限界があり、効果としては温湿布法を試した後でもわずかに大きくなったか自分で確認できる程度です。もしそれ以上の硬さや太さを望むなら、こうした方法では限度があるので、ペニス増大に関してはペニス増大サプリメントを使うことをおすすめします。

close
媚薬