ques2_1

性感染症の中でも代表的なもののうちの一つ『性器ヘルペス』。
ではみなさんこのヘルペスがどういうものかはご存知でしょうか?今回はヘルペスについて解説します。

 

ヘルペスとは

2a38fe72

まずはヘルペスの特徴を見てみましょう。

 

女性はおしっこが出来ないほど痛い

発症すると性器に赤いブツブツや水ぶくれ、潰瘍ができます。そして、それが破れてただれたような状態になり、強い痛みを感じるようになります。女性が初めて感染した場合は、排尿ができないほど強い痛みになると言われています。

 

原因のウイルスを死滅させることは出来ないが再発防止は可能

ヘルペスの原因となるウイルスは現代の医療では残念ながら出来ません。そして、このウイルスは何かのきっかけで再活性化され、症状の再発を引き起こしたり、ほかの人に感染したりします。しかし、再発を防ぐ治療はあります。

 

性器ヘルペスと口の周りにできるヘルペスの違い

単純ヘルペスウイルスには2種類あり、唇や顔などの口の周りや上半身に症状が出るのは、1型の口唇ヘルペス、
性器など下半身に症状が出るものを、2型の性器ヘルペスと言います。

 

感染経路

  • ヘルペスの症状が出ている部分と接触することにより感染。
  • 症状が出ていない場合でも、性器の皮ふや粘膜にウイルスが発生して、相手に感染することもあります。
  • 性器ヘルペスか口唇ヘルペスかに限らず、例えば口唇ヘルペスの症状がある時にオーラルセックスを行うと、パートナーの性器へ感染します。なので、口唇ヘルペスを発症している場合はオーラルセックスを避けましょう。
  • 母子感染を防ぐため、出産時にヘルペスの病変部がある場合は、帝王切開がすすめられています。

 

ヘルペスの症状

kaposi2

ヘルペスの症状は男女でそれぞれ異なってきます。

■女性の場合
外陰と膣の入り口に発症します。また進行している場合、子宮頚部まで及ぶこともあります。
■男性の場合
多くの場合、ペニスの先端側(亀頭)や、包皮、陰茎体部などに症状が見られます。

その他にも、可能性は低いですが、男女ともに肛門、お尻、太ももに見られることもあります。

そしてヘルペスは初感染時と再発時では症状が異なってきます。

■初感染と再発の場合の違い
初感染の場合、症状が強いのが特徴です。
それに対し再発の場合、初感染に比べると症状は比較的軽く、再発を繰り返すたびに症状はどんどん軽くなっていいきます。
■初感染の特徴的な症状
  1. セックスなどで感染してから2~12日間で発症します。
  2. ひりひり感、むずがゆさ、灼熱感、痛みなどを感じます。
  3. 赤いブツブツができ、水ぶくれになり、それが破れて潰瘍を形成します。
  4. 激しい痛みがあります(女性は排尿時に痛みを伴います)。

 

ヘルペス再発防止/治療方法

179_01

■初感染時の場合
明らかに症状があり、重症や全身的に症状が出ている場合は、入院して治療を行います。基本的に治療はヘルペスウイルスの増殖を抑制する、抗ヘルペスウイルス薬を使用しますが、その他にも点滴静注薬や飲み薬など、症状や状況に応じて使い分けます。
■再発時の場合
再発の場合も初感染時と同じように、抗ヘルペスウイルス薬を用いて治療します。こちらも飲み薬や塗り薬などを、症状や状況に応じ て使い分けます。

 

性感染症は予防が大事

hinyouki-taitoru-syain1

またヘルペスに限らず、性感染症は予防が一番大事になってきます。

予防にはコンドームの使用や定期的な検査などが有効です。

また、性感染症に掛かってしまった場合は、それぞれの症状にあった治療薬を使うようにしましょう。

 

close
媚薬