1d22442af0083e8a06a7aa24f66281cfb0d6c793_tn647x298

セックスをしたことある人なら必ず注意しなければいけないこと、それが『性病(性感染症)

性病は、その名の通り、ほとんどの場合セックスが原因で感染します。
その性病には色々な病気がありますが、今回は男性に多い『淋病(りんびょう)』について説明しましょう。

 

淋病の感染経路は?

1369993424.14237

淋病の感染原因はセックスにより淋菌と呼ばれる病原体が、男性の性器である亀頭部と女性の性器の粘膜が触れることによって感染するためです。
このためコンドームをしないで性行為をした時に多いと言われています。

 

感染から発症まで最短2日!激痛を感じることも

02

男性が淋病に感染した場合、淋菌が体内に入ってから発症するまでに、およそ2~5日と比較的短い時間で発症します。

淋病が発症すると、

  • 排尿時に熱く感じる
  • 激痛を感じたる
  • 尿道から黄色い膿のようなものが排出される

とこのような症状がでます。
当てはまるようであれば、病院で検査をしてもらい治療しましょう。

 

淋病は症状が落ち着いても完治はせず様々な病気を併発させる

Chlamydia

もし、上記のような症状が出ても病院で治療せずに放置しておくと、次第に症状が無くなるため完治したと思う方も多いと思う方が非常に多いです。しかし、これが一番最悪なパターンとなります。

症状は一旦落ち着いても、淋病は完治した訳ではなく病気はどんどん進行してしまいます。
すると淋病が慢性化してしまい、淋菌が尿道から体内の奥へ奥へと進入することにより前立腺炎副睾丸炎などの病気を引き起こす場合もあります。
また、前立腺炎や副睾丸炎に限らず、これ以外の様々な症状を引き起こしてしまう事もありますので、注意してください。

 

淋病対策はどうすればいいのか

210_1_L

淋病および性感染症を予防するためにはコンドームの使用が一番です。
それでももし、淋病の症状が出た場合は一刻も早く病院で検査して、淋病だと診断された場合は早期に治療することがベストです。

 

また淋病以外にもクラミジアや尖圭コンジローマ(コンジローム)、カンジダなど数ある性病には性感染症治療薬が有効です。

 

close
媚薬