業務停止処分の赤ひげ薬局が日本の精力剤百貨店と呼ばれるまで

薬局といえばスギ薬局、アイセイ薬局、さくら薬局、大賀薬局、ダルマ薬局、セガミ薬局、たんぽぽ薬局などなど、あげればきりがありませんがその中でも精力剤取扱いがメインの薬局と言えば『赤ひげ薬局』。

今回はこの赤ひげ薬局についてご紹介します。

 

赤ひげ薬局の評判や歴史

koukoku_1

赤ひげ薬局とは、本社を愛知県に置く「赤ひげ」グループ直営の精力剤販売チェーンを指します。現在では、赤ひげ薬局は、「日本の精力剤百貨店」と称されるほど男女の精力剤の販売チェーンを代表する薬局となっています。

 

赤ひげ薬局の取扱い商品

健康食品

  • 絶倫粉シリーズ
  • 激烈マグマ
  • ダイナマイトSEXゴールド
  • 欲望
  • グレートエンペラー

セックス補助グッズ、コンドームなどの避妊具

  • ペトコ
  • カンキ
  • ピアップ
  • イーリングネオ
  • パワーリングネオ
  • パワフルリング
  • ネオゼリー

などの商品を扱っています。赤ひげ薬局が「日本の精力剤百貨店」といわれる所以はこういったストレートな品名からも来ているのかもしれません。

 

人間の”性欲・精力”にストレートにうったえかけることにより人気

人間の三大欲望といえば食欲・性欲・睡眠欲であり、その中でも特に性欲というものは加齢とともに衰えてきます。しかし、それと反比例するかのように性欲自体は増してきます。つまり、精力回復 は男女ともに望むものであり、結果として精力剤の需要は高くなるわけです。

例えば、古来よりうなぎやスッポンの生き血などの精力増進効果のある食材などは使われてきており今も有名です。しかし、現代の科学や研究が進みより効果・効率的に精力アップが出来るものを、もっとストレートな名前で宣伝・販売して「日本の精力剤百貨店」の赤ひげ薬局が生まれたのです。

 

薬事法違反により2006年1月に業務停止処分

dokin1

しかし、そんな赤ひげ薬局も2006年1月に、愛知県から赤ひげ薬局名古屋で販売する健康食品「トキン」から承認を得ていない医薬品成分が検出されたとして、薬事法違反(無承認医薬品販売)により7日間の業務停止処分を受けました。このとき愛知県の発表によると、「赤ひげ」は2005年末までに7都道府県の 10店舗の赤ひげ薬局チェーンで、「ドキン」を14300個販売しており、赤ひげ薬局に販売停止と回収を指示しています。これでかなりの数が回収されたようです。また、他の健康食品にも「医薬成分は含まれている可能性がある」として分析が進めらたようです。

 

赤ひげ薬局創設者 内原 茂樹

20110308193946

内原 茂樹(うちはら しげき)は1950年に生まれ、和歌山県出身の精力剤研究家でありセックス・アドバイザーとしても有名です。赤ひげ薬局を創設後、多くのテレビ番組で赤ひげ先生として出演しています。

また赤ひげ薬局を創設する前は、芳香園製薬に入社、各地の支店長を歴任しており、その後独立して、1987年に愛知県名古屋市に精力剤の専門店、赤ひげ薬局を創設しました。

以上、赤ひげ薬局の紹介でした。

精力剤一覧はこちら!

close
媚薬